ビジネスでは不可欠ですね!

時代に合わせて進化しているタイムレコーダー

タイムレコーダーのイメージというと、会社の入り口に紙のカードを差し込んで時間を記録していくという、アナログ的なイメージがまだまだ強いように思えます。昨今では当然のように電子化されており、形こそ従来と比較してあまり変わりないように見えますが中身は大きく変化しています。タイムレコーダーのカードはICカードによるものが増えました。かつてのようにガシャっと差し込む形式ではなく、NFCという近距離無線通信技術により、カードをかざすだけで記録されるようになりました。

個人が特定できればカードの種類を問わないというシステムも登場してきています。自分で持っているICカードや携帯電話を登録しておけば、それをかざすことで管理ができるというものです。持ち歩くカードが増えていくのは大変なので、これは便利です。また、専用カードを配布するコストも削減できるため、事業者側にもメリットがあります。ICカードタイプのタイムレコーダーは昔の印刷形式と違い欄に制限がないため、出退勤だけでなく休憩時間なども細かく設定、管理できます。もちろんデータはPCに接続することで自由に管理、閲覧、利用ができます。接続はUSBによる有線接続やUSBメモリーによる物理的な受け渡しの他にも、無線技術の利用によりケーブルで接続しなくとも操作や管理ができるようなものも増えて来ました。勤怠管理ソフトが一緒にパッケージされているタイプもあります。

夜勤や三交代のほかパートなど従業員の勤務形態の種類が多い場合、給与計算での集計は大変です。きっちりソフトが管理してくれることによってミスを防げますし、事務員の負担も軽くなります。インターネットを利用したタイムレコーダーも登場しました。いわゆる本体はネット上のサーバーに存在しており、パソコンにカード読み取り機を接続して利用するものです。事業所ごとにレコーダーを置く必要がなくなるうえ、中央で集中的に管理することでコストの削減も可能となっています。タイムレコーダーというと勤怠管理に使うものが多いわけですが、他の用途に使われているものもあります。たとえば警備の現場で使われるものがあります。所定の時間にきちんと巡回しているという証明のため、いくつかのチェックポイントにタイムレコーダーを設置して順に記録していきます。いくつかの大学では学生の出欠確認に利用されているようです。学生証がICカード型になっており、それを利用することで出欠を管理します。

Post a Comment

Your email is kept private. Required fields are marked *

*